gray1098の日記

ぷち発達障害の小学校教師です。辞めます。

尽くし方②3つの袋を握れ!

男を落としたいなら、胃袋・玉袋・お袋の3つの袋を握れ!

はい、結構有名な話なのでご存知だと思いますが要するに、飯!SEX!母性!

この3つのを押さえろ!という単純な話です。

 

ですが、飯とSEXは個人差があります。

食えりゃなんでもいい系男子や、

性欲少なめ草食系の男の子もいます。

ただ、最後の母性。優しく、時に厳しく(9:1)寛大である女性を男性は求めています。 そう男はみんなマザコンなんです。

聖母マリア様バンザイ\(^o^)/

 

しかし、母性は自然に湧いてくるものであり、女性の母性のスペックには個人差があります。なので、そこはあまり無理をせず、自分の自然体を1番大切にして。男性は見守る姿勢が大事です。そばに居てあげるだけでもそれは母性です。

 

また、巷の女子が女子力をあげた〜いと言って、料理を頑張ることはあながち間違いでは無いわけです。

 

ですが、"料理を作れる女子"の倍率は非常に高いのが現実。なんなら男子だってこのご時世料理しますよ。とりあえず料理頑張っとけば良いでしょ!だけではちょっと甘すぎるかも🍩

 

じゃあどうすればいい!って、あなたたちが1番はじめにやるべきことは何か。それは

 

彼氏が女に求めていることは何なのか察するまたは直接聞く。そして、それを行動に移すこと。

 

です。なんとシンプル。でも尽くす上で1番大事です。なぜなら尽くすことは自己満が1番よくないから。

 

例えば彼が、自営業者だとして、もし彼女が店のホームページを作れる技術を持っていたら?

 

立ち仕事の彼の彼女がマッサージや整体師の資格を持っていたら?

 

それは本当の愛じゃない!と叫ぶ人に言いたい。これが本当の愛です。具体的に相手の望む姿を理解して、行動する。

わたしが何者でなくても、居てくれるだけで幸せなんてのは、理想論であり、現実ではほとんどありえません。大好きな彼に対して、彼女としてのプロ意識が低いと思いませんか?また、もし彼がいなくなったとしても、彼のために学んだことはあなたが自立していける糧にもなるんです。彼も喜び私も嬉しい!!

 

ではまとめです。愛される尽くし方②

  • 彼の需要に答える努力をする。まずは本人に聞くことから。

 

簡単で、着実な1歩です。頑張りましょう!!

 

 

尽くし方①女は自分から誘え!

男って、女と違ってデートの内容とか結構なんでもいいんです。なぜかって言うと、女が喜んでくれたらなんでもいいから。

だからこそ、女は自分からデートに誘いましょう!デートプランが思いつかないよ!って方!岩盤浴なんかがおすすめです。男の人は仕事を頑張っている人が多く、休日は休みたい人が多いです。なので、マッサージ店でもいいと思います。整体院でも。鍼灸院でも。自宅でお風呂をアロマな感じにセットしてもいいと思います。

 

女から誘うなんて恥ずかしい!私は男から誘われたいし別に良いって方!

 

わかります。誘うのって結構勇気と体力がいりますよね。男性も同じなんです。

 

でも頑張って誘ってくれてるんです。日本はそういう風潮が強いから。なのにそれを当たり前だと思っている女性が多すぎます。

 

さぁこんな世の中で、いつも向こうから誘ってくれる彼女がいたら彼はどう思うでしょう。

 

絶対尽くしたくなります✨

 

なにより、彼女も最近誘ってくれなくて寂しいっていう思いをしなくてすみますよね!!

 

できる範囲で、彼氏をデートに誘っちゃいましょう!おうちデートでも全然構わないんですよ♡

次回は、尽くし方②です!

 

 

男女の尽くす違い

単刀直入言います。

男の尽くすとは相手に誠実であること、

女の尽くすとは相手をえこひいきする事です。

 

相手に誠実さをもって、浮気したことを正直に言ってしまった結果、振られてしまうのが男。

 

自分はこんなにあなたのために色々しているのに、彼は私を特別扱いしてくれなくて振ってしまうのが女。

 

男女の根本的な違いはここにあります。

お互いにお互いを大切に扱っているつもりなのですが、なんとなく噛み合ってない。原因に気づく頃には、愛は冷めきってもう手遅れなのです。

 

なので女性の皆さん、あなたたちは尽くされてます。ですが、それは自分が求めている尽くしではないから、苦しいのです。愛に気付けていないだけなのです。あるいはもう愛が冷めて、気付こうともしていないのかもしれない。

 

相手に尽くされたいなら、相手を理想の男性にあなたが!エスコートしなくてはいけません。

 

そのための、女は尽くした方がいい。なのです!!

 

自分のために、尽くすのです。

リターンは大きいですよ。

 

次回、尽くし方の具体的な方法について書きます。

 

そもそも尽くすってなに?

遅くなりました。たしかに男性の方がロジックが通じやすい以上、女は尽くした方がいい。でもやはり本当に女は尽くした方がいいのか。巷では溢れているのは尽くされるための本ばかりなのに? 愛され上手とか、あざといとか、恋愛相談における検索上位はそんなキーワードばっかりなのに?

 

そもそも、こんなに尽くしているのに彼が私に尽くしてくれないから困っているんだ!と悲痛な叫びが聞こえてきそうです。

 

でも普通に考えてやっぱり尽くした方がいいんです。だって貰ったら返したくなる返報の法則というロジックは、科学的に証明されているから。まともな人間なら普通尽くせば返ってきます。たまに返さないどころか永久好意搾取型のドクズもいるのでそこは要注意ですが。

 

おわった、私の彼ドクズかもしれない。と思ったそこのあなた。そんなにすぐ諦めないでください。

 

あなたは尽くされていることに気付いていないだけなんです。

 

男の尽くすと女の尽くすは全く違うのです。

 

えぇ?

 

続きは明日

 

 

 

女は尽くした方がいい

男女の恋愛における女の姿勢についてのお話。

 

女は尽くせ。

 

私の言いたいことはこれだけです。

なぜなら、男はロジカルで忠実な生き物であるから、くれた恩はきっちり返す。なんならそれ以上に返してくるからです。

 

女は感情の生き物なので、自分の都合が悪くなったら簡単に手のひら返しするんですよね。真面目そうに見えて、みんなすーぐコロッと変わるビッチです。誠実さの欠片もありません。

 

長年付き合った彼氏に振られ、失意にくれてたかと思ったら、翌月他の男と一緒になる女はざらです。男の方が案外引きずり、しばらく恋愛はいいわ、なんて思ったりします。

 

はい、だからこそ本命を落としたいなら尽くすべきなんです。

 

続きは明日

 

 

 

発達障害と友達

一緒に教員を目指してきた幼なじみがいるんですが、今日はその子の話をします。

 

その子ったら本当に優秀で、何でもそつなくこなし、家族とも仲が良く、色んなジャンルの子と仲良しでした。中学の時からずっと憧れていて、同時に嫉妬もしていた子でした。

 

音楽の趣味も合い、高校の時よくカラオケにいき、大学生になったらフェスやライブに行き、みたいな感じでよく遊んでいました。

 

そしてお互いに小学校の教員になり、この前久しぶりに一緒にドライブに行きました。そして、その時教員をやめることを伝えたのです。

 

仕事が出来ないこと。毎日怒られていること。夏休み前、うつの1歩手前になったこと。

 

そうしたら、その子こう言ったんです。

 

えー!そんな(仕事が出来ない)事ないって〜!やめないでよ〜!!

 

正直ものすごく不快に感じたんですよね。え、そんな事ないってなに??じゃあ見たことあんの?って。

 

その子に悪気がないのは百も承知なんですが

友ものすごいテンプレを言われた気がして、無性にイライラしてしまったんですよね。

同時に、ずっと尊敬していたその子に、浅さを感じてしまったんです。

 

幼なじみの幸せより、幼なじみと教員を一緒にやっていく方が大事ってこと?

 

きっとそういう意味ではないし、そう聞き返せば「えーでも普通に寂しくない?」って言うと思ったので、そのまま流しましたが、ずっと違和感がありました。そして、ふと

 

何でも普通以上にこなせたこの子には、苦労とか辛かった経験とかがなかったのかもしれない。

 

そう感じました。

 

もし本当にそうなのなら、今まで発達障害で何となく生きづらかったこと、社会人になってものすごく辛い経験をしたことには、とても意味があったんだなと、もしかしたら、幸せへの切符を神様から貰ったのかもしれないと、そう思えたわたしってすごい!!!いぇええい!!天才!!

 

そんなこんなで、今日も仕事辞めたいです。

 

 

 

 

発達障害と教員

教員として働いている人に思う。

なぜ教員として働いているの?

 

だっておかしいよ!!明日の授業準備半分以上できないまま不安抱えて毎日学校来て、それでも残業労働時間、月に100時間超えたりとかするし教員歴10年の人とかでもそう!!

 

全然未来が見えない。。。労働時間が長いと不幸せとは全然思ってないよ。でも、なんか、ちがうじゃん!!これはちがう!!!絶対にちがう!!

 

でもみんなは自分たちの幸せを疑ってないと思う。だって 普通に結婚出来て、子どもは2人も育てられて、家建てて幸せな家庭築けるって。

 

それって一般的に言う幸せなわけだしそりゃあ疑いもしないよね。自分って幸せなんだって。

 

多少辛いけどまあこんくらいしないと幸せにはなれないよなあって。

 

みんな努力信者。努力が大事なのは否定しないけど、やっぱり得意なこと伸ばしたい。得意って何かわからないけど、とりあえずこの仕事じゃないって、思ってしまうんだなあ。

 

でも、ものすごくものすごくしんどいから、ちょっと嬉しいことがあった時に、「報われた!」ってなって、それにものすごくハマってしまう感はある。DV彼氏じゃん!職場!!

 

教員という仕事に対する私の感想でした。

 

ぜったいにはやく辞める、、。